繊研新聞に掲載★2018年6月19日

繊研新聞に掲載6月19日 繊研新聞の「Senken Cafe」に鈴木靴下の鈴木社長の記事が掲載されました。ワコール様、アマゾン様、ライザップ様と誰もが知っている大~きな企業様と一緒に掲載されている「鈴木靴下」ってどこの会社??と、思われる方も多いのではないでしょうか。鈴木靴下は、靴下の産地奈良で靴下を作り続けて60年。奈良県の靴下の歴史は深く、世界に誇れる品質の靴下を作っています。職人さんと常に情報を交換しながら、商品の品質の向上、新しい商品の開発に日々奮闘しています。試行錯誤を続けながら、お客様の足元の幸せをいつも考えています。

繊研新聞の「TOPに聞く」に掲載されました

繊研新聞に掲載
2018年5月31日の繊研新聞、3面の「TOPに聞く」に弊社の鈴木和夫社長の記事が掲載されています。記事には、「日本製だから、こだわった物作りをしているから評価されるという時代でもありません」とありました。ですが、鈴木靴下では、めちゃめちゃ細かいところまでこだわって、とことん追求した物作りをここまでするのか~!と言うくらいの毎日です。工場の職人さんの根気強さも半端なく、社長のこだわりは、そのさらに上を行っております。

鈴木社長は、家族と社員、取引先様、協力して下さる企業様、そしてお客様を本当に大切されます。あったか~い社長なのです。皆様、これからもどうぞご贔屓に(^^♪

ならドットFM 本日15:00~

こんにちは!
本日、ならどっとFMに鈴木靴下の社長とみどりさんが出演します♪
弁の立つ社長に、はたして後継ぎ娘のみどりさんは対抗できるのでしょうか??

みどりさんは、6月1日に関大にて公演予定も入っている事ですし、頑張って下さいね。
では、3時の休憩のお供にお聞き頂けたら、うれしいです。

ならどっとFMは、インターネットでも同時放送中
https://t.co/lEnSascBFl
パソコンやスマートフォンで聞いて頂く事も出来ます。

朝鮮日報紙に掲載されました

朝鮮日報に掲載

朝鮮日報2

4月21日(土)韓国トップの発行部数を誇る朝鮮日報紙「プレミアム経済セクション」で紹介していただきました。

「進化を続けている日本強小企業」
富士山を支えるように堅実な底力の中小企業。世界100年企業の80%が日本列島にという内容の特集記事です。右側には、「売る人、買う人、世の中に全てよし」“三方よし”の精神が日本企業の基本姿勢という内容の記事。「ものづくり法制定で製造の強みに集中支援」という内容の記事が掲載されています。(韓国語の得意なスタッフに訳してもらいました。韓国ドラマ好きが高じて勉強したそうです。Mさんありがとう(^^♪)

朝鮮日報紙様より、日本の中小企業は、独自のイノベーションを成し遂げ、独特の経営戦略に強い興味を持っております。その企業群の一つとして、御社をご紹介したいと思っております。というご連絡を頂いた事が縁で掲載頂きました。

鈴木社長より皆様へ
海外でも、日本の中小企業に関心を持っていただいていることに本当に感激し、元気が出ました。昨今の国内生産の厳しい環境に違いありませんが、皆様のお知恵をお借りして、従業員一同、「開発の夢とロマン」を追いかけたいと思います。今後とも皆様のご支援よろしくお願いいたします。

母の日の贈り物にいかがですか?

母の日にお肌に優しい「米ぬかギフト」

4月に入って新しい生活が始まった方も、そろそろ落ち着かれた頃でしょうか?そろそろ、待ちに待ったお休み「ゴールデンウィーク」ですね(^^♪

「ゴールデンウィーク」には、実家や旦那様のお家に行かれる方も多いのでは?母の顔を見ると「あ!母の日のプレゼント何か持って来ればよかった」と思うのですが…。結局、毎回送る事になってしまうのです。

毎年、母の日はやって来るので、「前にもよく似たのもらったよ」「引き出しに入ったまま」など、なかなか手厳しい事を言われてしまいがちです。そこで最近は、毎日使うもので長く使える良いものを贈るようにしています。今回ご準備しました「米ぬかギフト」なら、きっとお母さんも使って下さいますよ~。

一押し商品は、「締め付けない靴下」敬老の日に初登場したのですが、本当に履いていて心地よくて楽なので、むくみの気になる女性から大変好評を頂いているのです。クーポンも使ってお得にご購入下さいませ。

母の日の贈り物 米ぬかギフト

おかげさまで創業60周年を迎えました

お陰様で、鈴木靴下は、2018年4月12日に創業60周年を迎えることができました。本当に皆様に感謝です。これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝いたします。
今後も皆様に支持していただける、誠実で面白い商品開発を進めて行きたいと思います。今後ともご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

鈴木靴下です
写真右から鈴木会長、鈴木社長、鈴木みどりさん

鈴木靴下のWEBショップでは、5月13日母の日までの1カ月、創業感謝祭を開催しております。日頃の感謝を込めたイベントですので、ぜひ遊びに来て下さいませ♪

http://www.suzuki-socks.shop/

もうすぐ創業60周年!

社員みんなで頑張ります
三宅町キャラクターみやぼうがテレビ撮影に来てくれた記念写真

鈴木靴下は2018年4月12日に創業60周年を迎えます。当社は1958(昭和33)年に創業し、「いいものを長く」を合言葉として、感動と小さな幸せを感じてもらえる商品づくりをしています。

「鈴木靴下に行けば面白い商品が沢山ある!」と言って頂けるよう、スタッフ一同 努力してまいります。末永く、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

創業60周年を記念して4月12日~5月13日(母の日迄)本店ショップで創業60周年感謝祭を開催します。この機会にぜひ一度本店ショップものぞいて見て下さいね。でもまだ準備中ですので、12日にお越し下さい(^^♪

本店ショップ 

「フレグランスジャーナル」3月号に掲載されました

フレグランスジャーナル社様の発行されている香粧品科学研究開発専門誌の「フレグランスジャーナル2018年3月号」に見開き2ページにわたり掲載して頂きました。最初にお話しを頂いた時は思わず、「専門誌に掲載して頂くのに、私の話でいいんでしょうか?!」とお聞きしてしまいました。

なかなかのボリュームですが、色んなエピソードを交えたお話ですので、読んで頂けたらうれしいです(^^♪ 「商品開発はニーズよりウォンツ、機能性より安全性」いつも、安全性と機能性の裏付けを取りながら物づくりをしてきたお話です。お時間のある時、ぜひお読み下さいませ。






 
フレグランスジャーナル2018年3月号」2ページ~3ページの見開きで紹介頂きました。最後までお読み頂きありがとうございます!

フレグランスジャーナル社様 http://www.fragrance-j.co.jp/

NUONE ”ふわもこ”な肌ざわり

nuone2nuone

先日、鈴木親子が東京へ出張に出かけ、(株)SHIMAさんと共同開発した【NUONE+HADACARE】のニット製品を店舗で見てきました。

肌のことを考えたら、米ぬかにたどりつきました。このキャッチフレーズにまず感動しました!本当に米ぬかの良さを知って頂けている事に感謝。「米ぬか繊維」は、お肌へのやさしさを追求して生まれた繊維なのです。

【NUONE+HADACARE】は、裁断も縫い合わせもせずに一着まるごと編み上げた縫い目のないニット『ホールガーメント®』。ニット本来のストレッチ性に富んだ動きやすくストレスフリーな着心地です。

以前、(株)SHIMAさんの試作されたニットを見せて頂いた時、
ふんわり心地よい肌触りと柔らかさ、こだわった物作りに驚きを隠せませんでした。弊社の会長も、「肌に直接着たい!」と感動!

プレゼントしたら、絶対感動してもらえる!と、確信してしまう肌触りです。
ぜひお近くの店舗がございましたら、触れてみて下さい。

(株)SHIMAさんは、(株)島精機製作所様のグループ会社です。
ホールガーメント横編機を開発した島精機製作所の技術指導のもと最新のホールガーメント横編み技術を駆使した商品を企画・制作・販売されています。

——————————————-

ニットの素材は、米ぬかオイルを練りこんだ「米ぬか繊維」を
さらにやさしく進化させた素材『Kram(クロム)』。
ふわっと包み込まれる優しい肌触りが特長で、
米ぬかの豊かな天然成分がお肌を優しく守ります。


【(株)SHIMA様のオンラインストア】

http://shima-onlineshop.com/html/page106.html

【下記店舗にてご購入頂けます】

・NUONE 池袋ISP店(池袋ショッピングパーク北館)
・NUONE 恵比寿三越店(恵比寿三越B1階)
・NUONE 東急たまプラーザ店(東急百貨店たまプラーザ店2階)
・NUONE 星が丘テラス店(星が丘テラスEAST 2階)
・NUONE 札幌東急店

その他、髙島屋JR名古屋、東急プラザ銀座でも取り扱われております。

繊維ニュース5回目

今回が繊維ニュース5連載の最終回です。読んで下さったお客様、日頃お世話になっております関係者の皆様、本当にありがとうございます。

鈴木靴下では、履き心地を追求するあまり、「もう2㎜内側になるように縫製して下さい」「シリコンの位置は、気持ち〇㎜上にプリントして下さい」など、普通なら「え~!まだ修正するんですか!?」と、思ってしまう事が多いのです。ですが、ここが私たちの強みなのですが、この【こだわり】に必ず答えてもらえるのです。そんな信頼できる皆様と、これからも「これが欲しかった!」と思ってもらえる商品開発をしてまいります!応援よろしくお願いしま~す。